不動産にかかる税金

不動産を相続する際の税金

相続税と不動産の関係

親が不動産を所有していてなくなると相続税がガッポリくる。そんな話しを聞いたことはありませんか。土地はとても高価な為、どうしても税金も高額になりやすいです。昔は物納といって、土地・建物をそのまま納税することが可能でしたが、今はなかなか認めてくれません。その為、相続したはいいが、売却してお金にしないといけないという事が発生しています。その為、税金対策を考えるわけです。相続税を計算する場合は、「相続する財産が全体としていくらなのか」で計算されます。つまり、土地・建物の価値が1億円あっても、借金が1億円あるなら合計0円の相続になるわけです。その為、不動産を所有している人は、生前にアパートなどを借金して建てて、税金対策をしている人もいます。

土地家屋などの相続税について

不動産の相続税は、土地に関しては路線価、建物については固定資産税評価額をもとに税額を算出します。被相続人の利用していた土地のうち、事業用の土地は400平方メートル、居住用の土地なら240平方メートル、貸付用の土地は200平方メートル、この範囲内においては、一定の要件を満たせば5割ないし8割が減額されます。具体的な要件は、事業用・貸付用の不動産については事業や貸付を引き継いで継続することです。居住用の土地は、相続人が以下の3者のいずれかである場合に減額されます。すなわち、被相続人の配偶者、相続の開始前から継続してそこに居住し被相続人と生計を同じくしていた親族、前2者が存在しない場合に限り相続開始前の3年にわたって日本国内でマイホームに住んでいなかった親族、の3者です。

不動産の相場に関する情報

© Copyright 不動産の相場をしること. All rights reserved.